サブブログはじめました→

ルネッサンスリゾートオキナワのスーペリアツインルーム・コーストビューをブログレビュー

4 min 494 views
ルネッサンスリゾートオキナワスーペリアルームコーストビューブログレビュー2022
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ旅行へ にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

2022年10月のルネッサンスリゾートオキナワ滞在を不定期にブログで綴っています。今回は1泊目に利用したスーペリアツインルームのレビューです。

2泊目:琉球スイートのレビューはこちら

ルネッサンスリゾートオキナワスーペリアツインを4人部屋として利用した口コミ

我が家は「大人2名+子供2名の4人家族」ですが長男ドラくんはすでに中学生。金額的にもベッドの利用幅的にも立派に大人分であります。

なので、こちらの口コミは「大人3名+子供1名」のお部屋利用として読んでいただいても大丈夫です。

ルネッサンスリゾートオキナワといえば夢に描いたような子供のためのフリッパーズルームが有名ですが、フリッパーズは限られた客室数+お高い。

そのため通常の場合、悩むのは以下の2点ではないでしょうか。

お部屋の間取り→「スーペリアツイン」にするか「デラックスツイン」にするか?

お部屋からの眺望→「コーストビュー」にするか「ビーチビュー」にするか?

↓ビーチビューの眺望はこんな感じ

ちなみにスーペリアツインルームには正ベッドが2台のお部屋と3台のお部屋があります。詳細は下記のブログに記載していますのでクリックして合わせてご覧ください。

ルネッサンスリゾートオキナワ スーペリアツインとデラックスツインお部屋の違いをブログレビュー

今回、私は最もリーズナブルなお部屋「スーペリアツイン+コーストビュー」のお部屋にステイしました。

出典:ルネッサンスリゾートオキナワ公式サイト

ルネッサンス沖縄は3階が和室、最上階がクラブフロア。それ以外は基本的にスーペリアツインが低層~中層階でバス・トイレ一緒のユニットバス。デラックスツインが高層階でバス・トイレ別。という作りになっています。

ただしデラックスウイングルームという部屋はバス・トイレが一緒のユニットバスタイプです。ウイングというルームタイプだけはデラックスでもユニットバス。これで揉める人いるのではないかな…と思うほどのトラップ感なので要注意を!

スーペリアとデラックスの価格差が少ないこともあり、人気の日程ではワンランク上の「デラックスルーム+ビーチビュー」のお部屋から埋まっていきます。

私が宿泊した日も第一希望だった「デラックスルーム+ビーチビュー」はすでに予約できない状態だったので「スーペリアツインルーム」を予約しました。

お部屋全体はこんな感じ↓写真はコーナールームですがスーペリアツインも基本的にサイズ感は同じです

ベッド正サイズ3台にソファーベッド(エキストラベッド)1台&バストイレ一緒…いかに狭きやと覚悟していましたが入ってみると、十分な広さが確保されていました。

片側に3台のベッドが並んでいます
反対側にソファー→エキストラベッド仕様

洗面台脇にスーツケース置き場が確保されていて導線が良いため窮屈感がなく、4人でもお部屋が使いやすかったです。

またバルコニーにチェアが2台備え付けられていたので、お部屋の延長線の「寛ぎ空間」として利用できスーペリアルームでも十分リラックスできました。

バス・トイレはリニューアル直後なのでバスタブも床も綺麗でピカピカ!「ユニットバス」というネガティブな印象ではありません。

清潔感溢れるバスルーム
らそりん

らそりん

実際にお湯をためてバスタイムを過ごしましたがピカピカだった〜

今回の滞在では”低層3階の和室・中層6階のスーペリアツイン・クラブラウンジで最上階からの眺め”をそれぞれ体感しましたが、低層でも高層でも美しい眺めであることは変わらず。個人的に階数の違いはあまり感じませんでした。

「新しいって素晴らしい」そんな言葉がうかんだスーペリアツインルームステイでした。

ルネッサンスリゾート沖縄 ビーチビューとコーストビューの違いをブログレビュー

私が予約時にバス・トイレ一緒のお部屋より無念だったのが、ビーチビュールームを予約できなかったことです。ビーチビューだとこんな感じ↓の眺望

けれども実際にコーストビュールームにステイしてみると、景色についてはさほど気にならず。なぜならコーストビューも海が見えるオーシャンビューのお部屋なのです。

コーストビューからの眺め

コーストビューのお部屋から見える真栄田岬側の海は人がほとんどいないので本当に静か。賑やかなビーチリゾートホテルとは思えないほどのプライベート感を味わえました。

ただ真夏に華やかなリゾートホテルステイを味わいたいなら沖縄リゾホステイを体感できるビーチビューのお部屋の方が気分が高まるのではないかな?!と感じました。

ドラくん

ドラくん

お部屋にいるとき静かに過ごしたい派はコーストビュー

パンくん

パンくん

リゾホステイを賑やかに楽しみたいならビーチビュー

1つのホテルで多面的な楽しみ方ができる、それがルネッサンスリゾートオキナワのお部屋からの眺望の感想です。

ちなみに以前ステイしたことがあるサザンビーチホテルは絶対的にハーバービューよりビーチビュー!「もう、これひとつでホテルの印象が変わるのでは」というほどの違いがあったので沖縄リゾートホテルの眺望に関してはいろいろな方の口コミを頼りにして決めると良いと思います。

↓1泊2日の弾丸旅でも沖縄感を味わえるサザンビーチホテル

らそりん

らそりん

沖縄リゾホは綺麗なオーシャンビューを眺めてこそ

ルネッサンスリゾートオキナワスーペリアツインのアメニティや備品をチェック

ここからは備品やアメニティの感想などをお伝えします。

スリッパとは別にビーチサンダル(持ち帰りは不可)が大中小サイズ用意されていました。秋冬はサンダルを履いていかないので、ビーサンがおいてあると助かりますよね。

子供用のビーサンも

部屋のアメニティは↓こんな感じ。基本的に大人用だけおいてありますが、チェックインの際に子供がもらえるフリッパーセットの中にキッズ用の歯ブラシやボディスポンジなどが別途入っています。

おむつ用ゴミ袋も完備

おむつ袋がアメニティの一員として堂々と置かれているのは「さすが子連れの聖地ルネッサンス」といった感じでした。

ちなみに売店にもおむつが豊富に売っているので、行きのスーツケースのおむつは他のホテルより少なめでパッキングして大丈夫なはず!

ルネッサンス印のドライヤー袋
ナノイーは超おすすめ

ドライヤーはスーペリア・琉球スイート共にPanasonicのナノイーモデルでした。個人的にも利用しているナノイーはシリーズ廉価版でも十分おすすめ。とくに海水浴でゴワゴワになった髪に使うと、その素晴らしさがより実感できると思います。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥11,109 (2023/02/08 16:13:53時点 Amazon調べ-詳細)

バルコニーには柵一面に洗濯物が干せるチェーンが備え付けられています。

らそりん

らそりん

このチェーンに主婦感動!

家族全員分の水着を干せたよ!

家族分の水着が一度に干せるのです!!!ありがたや〜

↓旅にはこちらもおすすめ。クローゼットや洗面所のバー、ハンガーにも付けられる下記タイプは2個セットで持っていくといろいろな使い方ができて便利です。

まとめ

ルネッサンスリゾートオキナワのもっともポピュラーな「スーペリアツイン+コーストビュー」のお部屋に宿泊してみましたが、バルコニー付きで満足度が高い滞在ができました。

スーペリアツインのバスルームは浴槽とトイレが一緒のタイプですが、リニューアル後でピカピカなため清潔そのもの!

コーストビューのバルコニーからみる景色は、「ここは賑やかなルネッサンスリゾートなの?」と驚くほど静かな海。華やかさだけではない”ホッとおちつく時間”を過ごせるお部屋でした。

沖縄旅行はネット予約が便利!楽天トラベルならホテルのみor航空券がセットで選べる楽パックもチョイス可能。JTBから予約すれば特別ラウンジを使えるプランを予約することもできます。

下記それぞれのサイトで詳細をご覧いただけます。(トップページに遷移した場合はホテル名を入力すると検索しやすいです)

短期滞在でもルネッサンスリゾートを満喫したいなら琉球スイートを選択するのもアリ!という話は下記にて。値段は高いけど超お得です!