今Amazon限定ブランドが面白い→

子連れハワイ旅行 予算シリーズその2

4 min 188 views
陸マイラーのハワイ旅行予算

こんにちは、らそりんです。前回の投稿では4泊6日家族4人GWハワイ子連れ旅行の予算のうち「ツアー代」について書いてみました。

旅行の予算と聞いても人によって思い浮かべる概算は2種類あるのではないでしょうか。

  1. 旅行代理店で「ツアー代」といわれるホテル代と飛行機代の値段
  2. 「ツアー代」+「食費や雑費」などの実際にかかる旅行代金の総額

陸マイラーが「ハワイはタダで行けるよ!」という時の「タダ」とは大抵の場合、上記1の「ツアー代」もしくは「飛行機代のみ」のことを指しています。

陸マイラーのマイルでお得旅については前回の投稿をご覧ください!

今回からは、旅行の「総額」いわゆる禁断の金額について赤裸々に告白しつつ「お得旅」はできるはずだったのか?を検証していきます。

「ツアー代」+「食費や雑費」=子連れハワイ旅行にかかる総額はこれだ!

私が計画した繁忙期ゴールデンウィークの子連れハワイ旅行代金の総額及び詳細は下記のとおりです。

「ハワイ家族4人100万円」の常識を覆す半額以下で行ける家族旅行!

交通費内訳

飛行機 ANAフライングホヌ往復 100,000円

ハワイタクシー&UVER移動代       30,000円

宿泊費内訳

1泊目 シェラトンワイキキホテル 4,000円

2泊目 アウラニディズニーリゾート&スパコオリナハワイ 50,000円

3泊目 リッツカールトンレジデンスワイキキビーチ 0円

4泊目 リッツカールトンレジデンスワイキキビーチ 0円

諸経費内訳

お土産 50,000円

ショッピング 150,000円

成田駐車場&WIFI&保険 16,000円

アクティビティ&食費 100,000円

どうでしょうか?上記500,000円はツアー代ではありません。食費やおこづかいも含めたGWの家族4人全員分の旅行でかかる値段です!

「ハワイ家族4人100万円」が繁忙期のツアー代の相場というのはよく聞きますが、食費やおこづかいも含めて、その半分の金額で済んでしまう!!

はたして、この金額は「本当なのか?」「お得なのか?」を項目ごとに検証してみます。

ハワイ旅行の予算 検証1:交通費

飛行機だけではなく、地味に費用負担が多いのが現地での移動費です。子連れ旅行なら電車より車、バスよりタクシーがおすすめです。

パッと見は電車やシャトルバスの方が安くても、人数の多い移動なら車やタクシーの方が安く済みますよ

しかも車やタクシーならば子供が騒いだらどうしよう…という不安からも解放されラクに行動できます。

レンタカーも考えましたがハワイの駐車場代は高いので、今回はタクシー&UVERでの移動を選択しました。

炎天下で子供の手をひき荷物を持っての移動は10分でも結構キツイ!UVERは事前に登録などの準備が必要ですが、子連れにとって強い味方になってくれるはずです。

通常だと主婦にとって移動費削減は至上命題ですが子連れ旅行では、この概念から解放されましょう!!

旅先での移動費はケチらず使おう!これが私の子連れ旅行成功の地味な秘策であります。

ハワイ旅行の予算 検証2:宿泊費

2つ目の検証は宿泊費についてです。

アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ・ハワイ

今回ハワイに行くことになり、どうしても外せなかった宿泊先が憧れのアウラニディズニーリゾート&スパコオリナハワイ(以下略称アウラニ)ホテルです。

我が家の男子は陸マイラーの母を持ちながらも、未だに飛行機が墜落するのを恐れています。そのため絶対的な魅力に溢れているアウラニはマストでした。

ドラくん

ドラくん

ミッキーに会えてプールで遊べてグッズも買える!アウラニって天国でしょ⁉︎

シェリーメイちゃんもいるんでしょ!サイン帳もっていくぞ〜

パンくん

パンくん

母の作戦、大成功!

ツアーパンフレットをみるとアウラニが宿泊ホテルに追加されているだけで、家族旅行なら20万円は軽く追加されるのではないでしょうか?

そんなアウラニですが、個人手配なら1泊1部屋5万円前後で宿泊できるんです!

この値段、実はハワイで唯一のウォーターパークであるウェットアンドワイルドに家族4人で日帰りで遊びに行くのとあまり変わりません。

ディズニー&プール好きならアウラニディズニーに宿泊しちゃった方がお得ですよね!

アウラニ・ディズニー・リゾートのコスパの良さは下記でも解説しています。クリックしてぜひご覧ください。

私は海外ディズニー予約で定評のある、ミッキーネットさんで予約をしポーターチップ代込みで1泊5万円弱でした。

コロナ禍で宿泊できなかったので、次への期待を込めて即キャンセルではなく予約代はそのままミッキーネットさんにチャージした状態にしてあります。

今回の緊急事態でも一連の案内や対応も早く、メールでやりとりでき大変スムーズでした。ミッキーネットさんはおすすめです!

シェラトンワイキキホテルとリッツ・カールトンレジデンスワイキキ

シェラトン4,000円!リッツカールトン0円!この数字にピンときましたか?今回の値段はもちろんマリオットボンヴォイのポイントを利用した無料宿泊です。

ハワイとマリオットボンヴォイはとても相性がよく高級ホテルからリーズナブルなホテルまで選び放題ですよ。

1泊目のシェラトンワイキキはポイントと一緒にリゾートフィーというホテル税を支払う必要があるのでその金額の約4,000円が宿泊代です。

3,4泊目のリッツカールトンレジデンスワイキキビーチにいたってはリゾートフィーも免除で完全無料で宿泊できるんです。

ホテル代4泊で54,000円、アウラニを含んでこの値段!自分では大満足です。

子供達の年齢にあわせて宿泊施設を自由にチョイスできるのもマイル旅=個人手配のメリットです。

我が家が高級ホテルに無料で宿泊できる理由

パンくん

パンくん

高級ホテルにタダで泊まれるのはどうして?

高級ホテルに何故無料で宿泊できるのか?その理由はアメリカン・エキスプレスカードから発行されているSPGアメックスカードにあります!

旅行の神カードと言われているSPGアメックスカード、年会費は34,100円と高額ですが毎年世界最大のホテルチェーンマリオット系列の無料宿泊特典が1部屋分もらえます。

シェラトン・リッツカールトン・ウェスティンホテル…実はこれらはすべてマリオット系列のホテルブランドなのです!

シェラトンワイキキホテルに繁忙期に家族4人で宿泊すれば、実際は年会費より高額な宿泊代がかかるので実質無料で高級ホテルに泊まれてしまうのです!

しかもクレジットカード利用で貯めたポイントでも国内外のあらゆるホテルに宿泊できてしまいます。

ステイタス重視で普通のゴールドカードを持っている人は是非一度SPGアメックスにカードを変更することを考えてみてください!年会費が回収できてしまうSPGアメックスのコスパは抜群です!

もちろん保障に強いアメックスのクレジットカードなので並のゴールドカードより手厚いサポートもあわせて付いてきますよ。

当ブログのスマホフッター真ん中”ホテルアイコン”ボタンを押していただくと「シチュエーション別にSPGアメックスを推す理由」が書いてあります。どんな世代の方にもおすすめできる理由はページ下のホテルボタンをポチッとして参考にしてください!

ご入会お問合せは下記のブログアイコンをクリックしてお気軽にどうぞ♪

関連記事