AmazonタイムセールへGO

JAL国内線運賃制度改定「私、陸マイラーでいられるのか?」ちょっと心配になった話

2 min 513 views
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ

マリオットアメックスの券面変更の余韻も冷めやらない中、JALから新たなお達しが届いて個人的に不安がつのっています、涙。

JAL国内線特典航空券制度変更へ ライトユーザーが抱える不安材料が現実になってしまうのか心配

JALからのお達し。ライトユーザーの私にとっては、なかなかパンチが効いています。詳細はこちらの公式サイトに記載されていますが、ライトユーザー的に気になったのは以下の点。

  • JAL国内線特典航空券PLUSの導入
  • JAL国内線特典航空券の予約変更中止と手数料存続
  • 国内線旅客施設使用料(PFC)の適用開始

ひつとずつネガティブなことを書いてみます、笑。

JAL国内線特典航空券PLUSの導入

国際線ではすでに導入されているアイツが国内線にも登場です。これはマイルをたっぷり持っている人にはとても良いサービスですよね。

らそりん

らそりん

空席と潤沢なマイルさえあれば繁忙期もマイル旅できる!

けれども、ライトユーザーの私にとっては、繁忙期に特典航空券でマイル旅するのは99%無理になったも同然。概念的にはメリハリついて良い仕組みだと思うけれど、なんちゃって陸マイラーの私には悲しいお知らせであります。

JAL国内線特典航空券の予約変更中止

読んで字のごとく、特典航空券の予約変更ができなくなります。こちらはすでに予約変更するには1人3,100円払って変更手数料を支払うという制度ができていたので、現状維持のような側面もあるかも。

私JALの特典航空券では変更手数料支払ったことないのですが、JALマイル利用予約でジェットスター特典航空券をとったときに「未使用特典の払い戻し1人3100円」というのを家族分支払ったことがありました。

4人家族だと手数料片道ほぼ1万円かかるので地味につらい制度です。

  • 国内線旅客施設使用料(PFC)の適用開始
  • こちらも手数料。空港利用するときの手数料がクレジットカードから引かれます。羽田より成田のほうが100円以上高い…。

    国内線でも羽田ではなく成田空港から出発することが多い我が家的にはこの手数料も1人4名で1500円以上かかりそうです。

    願うは、3つ!庶民の味方の現状維持

    世の中キャッシュレス決済が進んでいるし、コロナ禍で航空会社の対応は私のような、なんちゃって陸マイラーにも優しかったので、今回の諸々手数料やら制度変更は仕方ないかなと思うのですよ。

    ただ本当に「eJALポイントは1年毎にマイルを移行すれば延命できる」という制度だけは、どうにか現状維持でお願いしたい!

    ANAのスカイコインのように延命不可になってしまったら、もう本当にそこが私の陸マイラー終わりの始まりかもしれません。

    今回コロナ禍を体験して感じたのは「細々と貯め続けられることのありがたさ」です。

    私のように、まったく飛行機に乗れない期間が1年以上あってもマイルを貯め続けていれば、いつかは乗れるかも!というのは大いなる希望なのです。

    子供の成長で子連れ旅行を諦めざるを得ない今、いつか子供が巣立ったときのためにマリオットポイントやJALマイルは貯めておけばいつか使える、というのは本当にありがたいシステムです。

    • JALマイル移行からのeJALポイント(1年毎の移行で実質期限なしに)
    • ANAマイルのソラチカ返し(スカイコインにしなくてもマイルに還る魔法)
    • マリオットポイントセール購入(セールがあればマリオットアメックス持てなくてもポイント宿泊できる)

    この3つが断たれたら私は陸マイラーをやめるしかなくなる、趣味を奪われてしまう。私が自由に旅ができるまで、あと5年くらい?どうにか上記3つが現状維持されることを願わずに入られません、涙。

    以上、わたし私と個人的な願望ばかり叫んでしまって恐縮です、が誰かに伝えたかった…という話でした。

    ▼子連れ旅行を諦めた話は下記にて

    ▼飛行機乗ったから足むくんじゃったわ〜、とか久しく言えてない!むくみにはコレ。毎日履きにも、おすすめです。

    関連記事