まるっとレビュー ママパパ向けレビュー

童話館ぶっくくらぶ定期購読について退会後の口コミ【絵本の読み聞かせ】

童話館 口コミ


我が家は退会するまで約10年間、義母からの定期購読のギフトとして童話館に入会していました。

童話館のパンフレットを産院でご覧になったことがある方も多いのではないでしょうか?

子どもと電子メディア

童話館では長い間、電子メディア(テレビやゲーム、パソコン、スマートフォンなど)が与える子どもや家庭への影響について、繰り返し伝えてきました。

親子のふれあいが特に大切な乳幼児期には、できるだけテレビを消して、スマートフォンを置いて、静かな時間を作りましょう。

そのなかで、ひざに抱っこし、肌のぬくもりを感じながら、絵本を読んであげる大切さを私たちは伝え続けています。

出典:童話館ぶっくくらぶホームページ

上記はホームページからの抜粋ですが、産院においてあるパンフレットにも同様なことが記載されています。

正直、この冊子のインパクトがキツすぎで多少警戒していたので、私自身はクレヨンハウスの配本制度を利用することを考えていました。

しかし義母が息子へのギフトとして童話館に定期購読を依頼してくれたため、必然的に童話館ぶっくくらぶの配本を始めることになりました。

童話館にして正解、本当に多くの良書に恵まれました。

本棚に良書が増える!童話館ぶっくくらぶのメリット 

  • 毎月、絵本が送られてくる喜び
  • 一貫して質の高い本が送られてくるので、絵本選びに悩まないですむ

おばあちゃんからのギフトとしての配本でしたので、息子はもちろん私自身も絵本が届くたびに温かい気持ちになることができました。

小さな頃は図書館通いもなかなかハードルが高いので、出かけずとも配本されるシステムは心強かったです。

解約後の本音 童話館ぶっくくらぶのデメリット 

  • 小学生向けになってくると題材が押しつけがましい
  • 冊子に記載されている親子エピソードの意識が高すぎる

童話館ぶっくくらぶは0才〜15才までが対象者となっていますが、元会員としては0才〜7才までがとくに重要な時期と位置づけらているように感じました。

実際に配本を体験しても0才〜7才までに配本された絵本は子どもが単純に楽しめる本ばかりでした。

また、絵本を与える親側からみても、楽しいだけでなく情緒や教育しつけにおいても納得できる本ばかりでした。

問題は小学生以降の配本リストです。素晴らしい本であるのは事実なのですが「楽しい」という要素が極端に少なくなってしまうのです。

幼少期には「多様性を重んじてのびのびと!」という視点で選定されていた(ように感じる)本が、突如として「良い子ちゃんでいなさい!的な道徳チックなもの」に変化していくこと。

また、本のページのボリュームが極端に増えることにも息子はとまどい、一気に配本される本に興味を失っていきました。

読み聞かせるような類の本でもないので親も手をつけられず、綺麗なままの本が積み上げられていき…正直最後の数年は惰性で続けていただけです。

配本を始めてから数年の間に2度ほど、童話館の方から困ったことはないか?

と電話をいただき感動しましたが、冷静に考えると小学生になってからの方が純粋に「本のアドバイス」的なケアがほしかったです。

会員向けの冊子が配本とともに毎月送られてくるのですが、この冊子もなかなかのクセものでした。

冊子は産院向けと同じような”絵本の素晴らしさや電子メデイアへの危機感を伝えるページ”と”会員からのお便りコーナー”で構成されています。

この冊子を育児がうまくいっていないときに読む絶望感ときたら…

「なんで私はスマホ見せちゃうんだろう。なんで私は子供を叱ってしまうんだろう」等々、冊子の中のキラキラ育児報告を見るたびに気が滅入りました。

逆にポジティブなときに読めば本当に素晴らしいことが書かれていてタメになるのですが…

冊子については「他の配本システムだったら、ここまで感情を右往左往させられることはなかっただろうなあ」というのが元会員としての本音です。

童話館ぶっくくらぶはおすすめできるのか?

童話館ぶっくくらぶはおすすめできます!童話館出版から出している本には沢山の良書があります。

それらの良書は、長崎県にある「こどもの本の店 童話館」で購入するか「童話館ぶっくくらぶ」で配本してもらうしか購入方法がないものが多いのです。

子供たちが小学校高学年になった今でも、私のところに「ママ読んで〜」と持ってくるのは、童話館で幼稚園前後の頃に配本された絵本ばかりです。

パンくん
ママ〜 スモールさん読んで〜

ただし私の体験上、童話館ぶっくくらぶで配本を頼むならば0〜2歳の間には始めることをオススメします

赤ちゃんの時期からの読み聞かせをおすすめする理由

0〜2歳の時期のお子さんは、もしかしたら読み聞かせしてあげても親が望むような反応をしないかもしれません。

まったく絵本の中の「絵」に興味のないお子さんもいるので、ママやパパは最初その反応にショックを受けるかもしれません。

けれども、この時期から始めればいつか絵本に興味を持ってくれる日がきっと訪れます!

赤ちゃん向けの絵本は文章をほとんど読む必要がないので、読み聞かせに自信がない方でも始めやすいのです。

3歳以降の絵本から読み聞かせを始めると、親はいきなり「文章を読む」ところからスタートしなければならないので、人によっては苦痛かもしれません。

読み聞かせはすなわち音読です。簡単に思えますが、結構忍耐の必要な作業なんです

0〜2歳の絵本にはほとんど言葉がないので、苦手な場合でも続けやすく、何よりシンプルに「育児をがんばっている」という前向きな気持ちになれますよ!

0〜2歳時の絵本の読み聞かせは、食育やしつけなど、”育児が上手くいかなかった日”の自分自身への大きな慰めになってくれました。

赤ちゃん向け読み聞かせのコツはがんばりすぎないこと

ママやパパ自身が本を好きだからといって、読み聞かせを楽しめるとは限りません。

読み聞かせを研究されている方によると「感情を必要以上に込めず読むことによって、子供の想像力を働かせることができる」とのことです。

けれども、私はその読み方だと自分のテンションが上がらず、読み聞かせを楽しめない日がありました。

そんな日は”やってはいけない”とされている「お芝居調」で読んでしまっていましたが、子供達は楽しく聞いてくれていましたよ。

読み聞かせは、おやすみ前が効果的とも言われていますが昼間読んであげるだけでも十分だと思います。

読み聞かせには「情緒が育つ、集中力がつく」等、たくさんのメリットがあると言われていますが、我が子にそんな素晴らしいことの数々が身についたかは謎です(笑)

でも、間違いなく私と子供だけにしかわからない「とっておきの時間」が読み聞かせのおかげでできました!

何よりSNSとの共存が欠かせない現代で、読み聞かせや読書を通じ「自分ではない誰かの気持ち」に触れることはとても大切なことだと、子育てをしていて痛烈に感じています。

読み聞かせは、続けることが肝心です。

個人的には研究結果に必要以上にとらわれず、ママやパパが続けやすいスタイルで、読み聞かせてあげるのが何よりだと思います。

らそりん
ママとパパが笑っているのが、きっとイチバン大事!

ドラくん
パンくんが何かを”買って買って”とほしがると、僕とママは”だるまちゃんみたいだね”と笑います

 

パンくん
てんぐちゃんのようなぼうしがほしいよう

幼児の頃から親しんだおすすめの絵本

上記で紹介した6 冊の絵本はどれも息子達が幼児の頃に読んでいたお気に入りの本です。

小学校高学年になった今でも、ときどき絵本をパラパラめくって嬉しそうにしていたり、絵本のとんでも展開にツッコミを入れたりして兄弟で盛り上がっていたりしています。

読み聞かせによって、彼らの情緒が育ったのかは謎ですが、心の拠りどころのようなものになってはいるのかな?とその姿をみて嬉しく思っている今日この頃です。

▼子連れ旅行も読み聞かせと同じくらいオススメです!

子連れ旅行 マイル
子連れ旅行しましょう!

続きを見る

▼ランキングに参加しています。たくさんのブログが読めるので世界が広がります!

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイ活へ


マイレージランキング

【SmartLinker】

-まるっとレビュー, ママパパ向けレビュー

© 2020 すべての道はマイルに通ず Powered by AFFINGER5