ライザップ着圧レギンスを種類別にブログで口コミ!プレミアム版との違いもレビュー

4 min 1,836 views
ライザップレギンスがおすすめ!効果や種類をブログで口コミ
PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 明るく楽しい暮らしへ

こんにちは、らそりんです。私は若い頃に、股関節痛になったことがあります。

基本的には治癒していますが今でも油断するとたまに痛むので、そんな時は思わず「姿勢改善インナー」「骨盤矯正ガードル」といった商品をググっては購入していました。

けれども、どんなに効果がありそうな商品でも同じ結果にいきつくのです。

らそりん

らそりん

キツイ!苦しくて脱ぎたくなる…

先日もそんな悪循環ループに陥っていたところ目にしたのが、このレギンスでした。

グンゼライザップ着圧レギンスはガードル並みの効果がある!使用者の口コミ

GUNZE×ライザップがコラボした着圧レギンスの口コミが良かったので、懲りずにポチってしまったのですが、その効果に驚愕。

らそりん

らそりん

このレギンス凄いんです!

履いている方が楽に過ごせる!驚異のグンゼライザップ着圧レギンス

着圧系レギンスは、健康や着痩せのためなら多少の苦しさを我慢する必要がありますよね。

けれどもグンゼライザップレギンスは履いていた方が1日快適に過ごせるんです。こんな体験、私ははじめてです!

グンゼライザップ着圧レギンスのメリット
  • 長時間履いても苦しくならないので1日中履いていられる
  • 履いているほうが楽に過ごせる
  • 圧倒的に安い

グンゼライザップレギンスを着用すると足の付根あたりをグッと誰かに支えてもらっているような感覚で、立っているのが楽になります。

着圧系レギンスらしからぬ1枚1,500円前後のお値段もとても魅力的です。

グンゼライザップ着圧レギンス種類別口コミ

実際に私が使用している商品をタイプ別にレビューしてみます。

グンゼライザップ着圧レギンス10分丈80デニール通常版レギュラータイプ

80デニール10分丈のレギュラータイプは、腰回り部分だけでなく膝下やふくらはぎにも効果が感じられます。

キツくはないのに腰回りがスッキリするガードル効果もありますよ。

私は、いつものジーンズが若干ゆるくなるのを感じることができました。最初の1枚には下半身全体をサポートしてくれる10分丈レギュラーがおすすめです。

ただし、履きなれるまでウエストゴム部分がクルンとめくれてしまい気になる場合があります。何度か洗濯していくとめくれはなくなりますが、どうしても気になる方は次にご紹介するハイウエストタイプを検討してください。

グンゼライザップ着圧レギンスハイウエストタイプ

ハイウエストタイプはレギュラー版のウエストゴムのめくれが気になる場合におすすめの商品です。

ウエストゴム部分のライザップロゴマークがハイウエスト部分にくるので、パンツスタイルの下に着用してもライザップのロゴマークがチラ見えしない安心感もありますよ。

レギュラー版と比較すると若干胃がしめつけられる感じがしますが、他社製の着圧系ハイウエストタイプと比較すると、とても履きやすいです。

グンゼライザップ着圧レギンス5分丈タイプ

スカートの下に着用する際におすすめなのが5分丈タイプです。

短いので、ふくらはぎへの着圧がないのでレギュラー版と比較するとサポート力は落ちますが、腰回りをしっかりと支えてくれます。

グンゼライザップ着圧レギンスのサイズ感について

着圧系特有のしめつけ感がなく、よく伸びます。通常Lサイズのズボンを履いている場合でも、グンゼライザップレギンスはM~Lタイプがおすすめ

らそりん

らそりん

通常Lサイズの三段腹の私でも、このレギンスはM~Lサイズで調度良いです

夏用冬用の使用感について

グンゼライザップレギンスは通常版のほか夏用SUMMERTYPEと冬用WARMTYPEのレギンスが発売されています。

個人的な感覚としては80デニールある通常版で十分温かめなので私は冬でも通常版を愛用しています。

ウォーキングやハードワークの方、暑がりな方は季節を問わず夏用を取り入れるのもおすすめです。

2022年追記】今年の夏の暑さは強烈過ぎです!昨年までは夏場はSUMMER TYPE版ライザップを使用して過ごしてIましたが2022年7月が始まった今現在もうすでにSUMMER TYPEレギンス版でも着用すると暑く、通常版は罰ゲーム状態で外では履けません。

というわけで今年の夏のライザップ、私は下記の補正ボトムSUMMER TYPE版のみで乗り切るつもりです。

補正ボトム版の素晴らしさについてはこちらでレビューしています。

グンゼライザップ着圧レギンス寝るときは履ける?

通常版はタイツのような素材なので眠るとき履くようには作られていません。私は日中のみ着用しています。現在は寝るとき用のグンゼライザップが発売されています。

グンゼライザップ着圧レギンスにデメリットはある?

個人的に感じたデメリットは以下の通りです。

デメリット
  • 新品だとウエストゴム部分がクルンとめくれてしまい1日中気になる場合がある
  • 商品案内で書かれているカロリー消費量アップといった効果は特に感じない
  • 痩せてないのに腰回りが緩くなるので、この商品専用のジーンズやズボンを買う必要がでてくるかもしれない←これはむしろメリットでは、笑
  • 今年の夏は暑すぎて通常版どころかCOOL版ライザップ履いても暑い!

種類別の欄でも紹介している通り、ウエストゴムのめくれはハイウエストタイプの導入で対策するのがおすすめです。

ハイウエストなら見られて照れちゃうライザップのロゴマークも確実に隠れますし、インナーのはみ出しも防止できます。

ちなみに、まったく痩せる気配はありません。

楽なのにしっかりと着痩せ感がありガードル効果はありますが「カロリー消費量アップ」といった効果はあまり感じられません。

らそりん

らそりん

着痩せはするけれど、ヤセはしない。世の中そんなに甘くはないみたい、笑

上述したように今年の夏の暑さ対策としては補正ボトムSUMMER TYPE版がおすすめです!

ライザップレギンスでむくみ対策!おすすめの履き方

今まで飛行機に乗る際は、搭乗直前に空港のお手洗いでエコノミー症候群対策用の着圧ソックスに履き替えていました。

効果をしっかり感じられるフライト中の専用着圧ソックスは必需品なのですが、リゾート地への旅行には着圧ソックスの脱ぎ着が面倒でした。

グンゼライザップ着圧レギンスなら長い時間履いていても苦しくないので、長時間フライトにもピッタリです。いつもは旅先で就寝の際は股関節や腰痛防止の為就寝時の湿布が欠かせませんでしたが、ライザップレギンス着用の航空旅行では「ノー湿布」で済みましたよ!

お出かけ前からワンピースなどに合わせレギンスとしても利用できるので、私はドライブ旅行にも着用しています。

ただしエコノミー症候群予防の専用商品ではありませんので、あくまで簡易的な対策となることに注意してください。

ライザップレギンスプレミアム版との違いについて

ライザップレギンスにはパッケージが金色に輝くプレミアム版があります。

プレミアム版は通常版より「ちょっとだけ」補正感が増します。この「ちょっとだけ」が絶妙でおすすめです。ただ私のように毎日履きするなら、履きやすく価格も安価な通常版がマスト!

らそりん

らそりん

私は「平日は通常版」「お出かけの日はプレミアム版」という履き方をしています

プレミアム版については下記でもレビューしています。

まとめ

ライザップレギンス通常版を着用していると、下半身の疲労が劇的に軽減されます。

らそりん

らそりん

立ち仕事やむくみ体質の場合には最強!

数々の着圧系レギンスや着痩せガードルなどを買っては無駄にしていた私にとってコスパと効果のバランスがもっとも良い商品はグンゼライザップレギンスです。

私の長年の悩みを救った商品レビュー、ご覧いただきありがとうございました。

関連記事