ヒルトン

ヒルトンアメックスカード爆誕へ?子連れ旅行とヒルトンホテルは相性バッチリです!

ヒルトンアメックス 子連れ

ヒルトンアメックスカード誕生に備えてヒルトンホテルの魅力を探ってみました

ヒルトンがVISAとの提携カードを終了させ新規のクレジットカードを発行することを2020年6月に発表しました。

その候補筆頭と噂されているのが、なんとアメックス!私のような専業主婦には超朗報なんです。

何度も導入を考えたヒルトンVISAゴールドやプラチナカードですが専業主婦には審査という壁があり、ほしくても届かなかったものなのです。

その点アメックスが発行となれば審査の心配は大幅に回避されるので、期待はいやが応にも高まります。

らそりん
ヒルトンゴールド会員資格付きのクレカがほし〜い

そんなヒルトンホテル、実は子連れ旅行との相性も抜群なのです。今日は子連れ旅行の観点かつマリオット系列と比較しながらヒルトンの魅力に迫っていきたいと思います。

▼こちらで書いたヒルトンへの淡い願い、2020年現実になってしまうかも?!

マリオットセールとヒルトン
マリオットホテルポイント購入セールからのヒルトンポイントへの淡い願い

マリオットボンヴォイポイントのセールがスタート 過去最大級の60%セール ドラくん60%セールって凄いの? 凄いです!セール初参戦なら迷わず購入して良いはずです。でも・・・らそりん ドラくんでも? コ ...

続きを見る

子連れディズニーならヒルトンホテル

子連れ旅行の聖地ディズニーリゾート。当然ヒルトンもシェラトンもオフィシャルホテルに名を連ねています。

そんな聖地ディズニー。昨年までの我が家は、ディズニーステイの際はシェラトングランデ東京ベイをメインに宿泊していました。

なぜならSPGアメックスの無料宿泊サーティフィケート利用にちょうど良かったからです。

家族4人でシェラトングランデ東京ベイに宿泊すれば繁忙期なら5万円を超えることもあります。

ベイサイドステーションを降りてすぐの立地ですし4ベッドも選択できるシェラトングランデ東京ベイは素敵なホテルですが、正直5万円を支払う魅力はないと考えていました。

なぜなら、ディズニーステイの場合はホテル滞在を満喫せずディズニーに遊びに行ってしまうんですよね。

そんな観点からもシェラトングランデ東京ベイは、無料宿泊サーティフィケート利用やポイント宿泊にピッタリだった…そう、過去形です。

今年度からシェラトングランデ東京ベイのマリオットボンヴォイがなんとカテゴリー7に格上げされてしまったのです。

庶民の私には泊まるだけのホテルに70000ポイントもだす勇気はないです(笑)

そこでヒルトン東京ベイの出番!ファミリーハッピーマジックルームという子連れに最適なお部屋が多数用意されています。

こちらのお部屋に宿泊すれば、寝るだけになりがちなディズニーリゾートのホテルに「泊まったぞ」感がアップされるうえ、通年を通して比較的リーズナブルに予約が可能です。

HPCJ:ヒルトンプレミアムクラブジャパン

「宿泊料金常時25%オフでキャンセルは前日まで無料」という超絶子連れ向きのシステムです。HPCJに関しては子連れディズニーを絡めて下記で記事にしています。

hilton tokyobay mile
子連れディズニーにオススメHPCJ

HPCJを知ろう! ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン略してHPCJをご存知ですか? ヒルトンの日本人向けの会員制優待特典プログラムなのですが 公式価格より25%お安い値段で予約できる 24時間前ま ...

続きを見る

ヒルトンホテルは子連れ旅行の聖地を全制覇

ヒルトングループは東京ディズニーリゾートだけでなく、日本全国のテーマパークステイを網羅しているんです。

  • 東京ディズニーリゾート:ヒルトン東京ベイ
  • お台場:ヒルトン東京お台場
  • ユニバーサルスタジオジャパン:ヒルトン大阪他
  • レゴランド:ヒルトン名古屋
  • ハウステンボス:ヒルトン長崎(2021年開業予定)

その他、九州の要である福岡県にヒルトン福岡シーホークを擁している点もポイントが高いです。

子連れ旅行観点から見るとナイスな位置に存在しているのがヒルトンホテルなのです。そのもっともたる場所が沖縄です。

子連れ沖縄旅行に最適

ヒルトン北谷&ダブルツリーヒルトン北谷!これこそが私がヒルトンアメックスに期待してしまう理由です。北谷地区唯一の外資系ホテルがヒルトンなのです。

舗装もされていてベビーカーも余裕で押せ、散歩だけでもビーチリゾート気分を満喫できる北谷地区は小さな子供連れでの沖縄デビューに最適です。

国際通り観光にピッタリなヒルトン那覇と、いつでもお安いヒルトン首里城に加えヒルトン沖縄瀬底も2020年7月1日開業予定です。

ヒルトン沖縄瀬底リゾートは場所柄、恩納村リゾートホテル群のような滞在型ホテルになると思われるので子連れのロングステイ利用にも期待大です。

マリオットプラチナチャレンジのヒルトン版ようなことが可能になれば、沖縄旅行のついでに修行できてしまったりするかもしれないほど沖縄とヒルトンの相性は抜群です!

らそりん
ヒルトン瀬底島はHGVCのオープンも予定されていますね

リトルヒルトンクラブ

ヒルトン東京、ヒルトン北谷、ヒルトン小田原(小田原の名称はヒルトン小田原キッズクラブ)それぞれのホテルで展開しているキッズ向けの会員システムです。

入会金1500円かかりますが、魅力的な特典がいっぱい!

我が家はヒルトン東京のリトルヒルトンクラブの会員になっていますが、毎年子供宛にバースデーカードが送られてきます。

それを受けとるときの、ちょっと誇らしそうな息子達の顔を見るのが私の毎年の楽しみです。

誕生日前後の3〜4ヶ月の長期間、誕生日会員は無料でバースデーケーキ付きのビュッフェに招待していただけます。

他にも四季折々で親子で参加できるイベントが催されたりとかなりの充実度なのです。(ヒルトン東京とヒルトン北谷のリトルヒルトンクラブは一部相互利用可能です。)

らそりん
入会を検討される方は各ホテルの公式ホームページをチェックしてみてください

ゴールド会員は朝食無料

元マリオットゴールドの朝食無料を体験済みな方に、もっとも魅力的なヒルトンゴールドの特典はこれではないでしょうか(笑)

大人だけならホテルステイのメインイベントともいえる朝食ビュッフェ。子連れにはなかなかハードルが高いのです。

子供が眠かったり遊びに行きたがったりで、実はなかなかお値段の元がとれないのが子連れの朝食ビュッフェです。

マリオット系列では子供の朝食無料という神特典がありますが、大人料金無料の魅力には敵いません。

ちなみにゴールド以下でもヒルトンの会員でさえあれば、長蛇の行列を避けてヒルトン会員エリアで朝食をとることができます。

子連れには超絶ありがたい特典なので、上級会員にならずともヒルトンの会員システムは入会必須です!

以上、子連れ旅行とヒルトンのマリアージュについて書いてみました。

らそりん
新しいクレジットカードの特典が楽しみ〜

▼ランキングに参加しています。たくさんのブログが読めるので世界が広がります!

にほんブログ村 小遣いブログ 陸マイラーへ にほんブログ村 小遣いブログ ポイ活へ


マイレージランキング


▼子連れでの朝食ビュッフェを回避してホテルの食事を満喫する方法はコチラ

子連れハワイ プール ブランチ
子連れハワイ旅行 予算シリーズその3お土産・アクティビティ・食費

▼前回公開した家族4人ハワイ子連れ旅行の予算大公開の記事はこちらから 諸経費 316,000円 諸経費内訳 お土産           50,000円 アクティビティ&食費     100,000円 ...

続きを見る

-ヒルトン

© 2020 すべての道はマイルに通ず Powered by AFFINGER5